深呼吸クラブ・ヘッドメニュー
 
北極点に立つ(人の存在を溶解させる無の世界)


エッセイに関係する映像です

 人には忘れられない体の記憶がある。気温マイナス27℃。しかし、私の足を小刻みに震えさせた原因は、その寒さだけではなかった。北極点にはじめて足が触れようとする瞬間、その震えの波動はしっかりと体の隅々にある細胞へも伝播していった。全身が打ち震えるような感動のひと時は、人生の中でもそう多くはないだろう。私にとって北極点での経験は、体に刻まれた数少ない、感動の記憶であった。

 北極点へのフライトは、ひたすら北へと向かうシンプルなものだった。植村直己さんら多くの冒険家・探検家たちが極点計画への最終準備をおこなった町、カナダのレゾリュートが出発点である。そこからさらにユーリカという粗末なロッジと簡素な滑走路のみの基地へと空路移動した。ここから北極点まで片道5時間。途中氷上での無人給油中継点を経て地球のテッペンを目指すのである。巨漢のカナダ人パイロットの第一声は・・・、

 『膀胱はカラッポかい?』 ”何だ、そりゃ?"

 軽量化が徹底された小型飛行機では、機内で催す尿意が一番の難敵なのだ。残り一滴まで残さぬよう、寒風吹きさらす掘っ立て小屋のトイレでジュニアを絞り上げた。

 出発後30分もすれば右手前方にエルズミーア島の突端岸壁が見えてくる。『エルズミーア島は<北極のオアシス>とも呼ばれ、初夏にはチョウノスケソウなどの植物群やジャコウウシなどの貴重な生物の姿も見ることができる、云々…』 持参した文献資料よりも、どうも尿意の方が気になってしかたがなかった。そんな気持ちを見透かすように眼下の風景は不気味な北極海へと変化してゆき、一層尿意への不安感が増長した。憂鬱という言葉を溶かし込んだような鉛色の空、絶望という言葉で凍らせたような白濁の海氷…。

 時おり、氷原帯が裂けどす黒い海面が顔を出す。さらには氷原帯同士がぶつかり合い、接触面に白い牙のような氷塊が一列に並ぶ。ところどころ霞んで見えるのはブリザードでも吹きすさんでいるのだろうか。

“うわ〜、まいったな〜こりゃ”

 同行者たちの会話はすでに途切れており、機内ではプロペラの回転音のみが響いていた。機内に澱み始めたなんとも言えぬ不安感や虚無感を、「ブオーン」という人工音がなんとか払拭してくれていた。途中、給油の為に着氷するという。

“えっ、どこにスタンドがあるん?”

 北極海を浮遊する氷原帯の上にその無人スタンドはあった。氷の上に置かれた数個のドラム缶に発信機がセットされていた。その電波をキャッチし、狙いを定めてランディングするのである。同乗のアメリカ人たちは「セルフヘようこそ!」なんてはしゃいでいた。「さあ、ここからがクライマックスだよ!」パイロットの言葉とともに機体は北の空へと再度舞い上がった。給油後も針路はひたすら北である。飛行機の計測器が限りなく北緯90度に迫る頃、機体は幾度も幾度も旋回を繰り返しながら高度を下げ始めた。ランディング・ボイントの探索なのであろうが、どうも機体のトラブルではないかとの疑念が消えない。

 上空からは白一色に見え平坦にも思える氷原面は、接近するごとにその凹凸の形状がくっきりと浮かび上がってくる。

“ほんま大丈夫かいな?”

 着氷時の機体へのトラブルは帰りの切符の放棄につながる。常にジョークの絶えなかった巨漢パイロットの背中に『ちょっとだけ真剣』というムードが漂い始めたと思ったとき、
「ガガガー、ゴゴゴー、ガクンガクンガクーン!」

“アア!、カアちゃ−ん”

 これが、私の地球テッペン到着時の第一声であった・・・。

深呼吸クラブ・デコレーション